Q. 打ち合わせの時にキャンセルすることはできるの?
A. ペットシッターはご自宅の鍵をお預かりしたり、留守中に家にお伺いすることになるので、不安に感じる方もいらっしゃると思います。打ち合わせの際に、安心してお任せできないと判断された場合には、遠慮なくお申し出ください。また、少しでも疑問に思う点やご不安な点がありましたら、何でもご質問・ご相談ください。
Q. 事故があったらどうなるの?
A. お世話中の事故はあってはならないことですが、万が一事故が起こった場合に備えて「東京海上日動 事業活動包括保険」に加入しております。(対人対物事故は保証されておりますが、猫自体への補償は含まれておりません。)
【補償可能な事故の具体例】
・室内でのお世話中、誤って家具を壊してしまった
・シッティング中に水をあふれさせてしまい階下の天井、壁、家具を汚してしまった
・合鍵の紛失でマンション全体の鍵の交換が必要になった
Q. 留守の間に猫が病気になってしまった場合は?
A. 細心の注意でお世話にあたりますが、もし当日猫の体調が悪いと感じることがありましたら、まずはその場でお客様の緊急連絡先へご連絡いたします。ご相談のうえ必要と判断した場合は、かかりつけの動物病院(時間外の場合は最寄りの救急病院)へお連れします。
Q. 感染症の子がいますが、お世話を頼めますか?
A. 原則としてワクチン未接種の猫・感染症にかかっている猫についてはお世話をお断りすることもございます。人間を介しての感染の危険性がないものに関しては、ご相談のうえ出来る限りお伺いいたします。また感染予防のため、お世話の前後には徹底した消毒を行い、細心の注意を払っておりますが、動物病院においてもシッター業務においても絶対に感染しない・させないという保証はできないのが実際のところだと思います。できる限り毎年のワクチン接種にご協力をお願い致します。